あらためて、白山夜ってこんな会

ブッククラブ白山夜(はくさんよる、と読みます)に来ているのは、

「本が好きで好きで」という方から、

「普段あまり本を読まないので、白山夜に来て強制的に読まされたいw」

という方までいろいろ。

学生さんから70代の英語教師まで幅広いです。


そんな世代も背景も違う初めて会った人と、

「普通そんな深い話しないよね」っていうことでも

「同じ本をその場で読む」という共通の体験があれば自然と深まっていくのが、

白山夜の不思議におもしろいところです。


白山夜の最大の特徴としては、

・事前に読んでくる本は原則ない(来て、その場で読む)。

・その日読む本は予告しない。

かなと思います。

これは、立ち上げ以来ずっと守っています。


・事前に読んでくる本がないのは、

「課題本を読んでないから来れなかった」というのが嫌だったから。

「来て、その場で読む」のは、スピードに自信がない方もいるかもしれないけど、

短編が多いし、皆さんが読み終わるまでゆったりとお待ちしています。


・その日読む本を予告しないのは、

あくまでもここは「ブッククラブ」なので、

「クラブに来てほしい」という思いで。

その日のタイトルで、来るか来ないかを決めてほしくないから。


読書会は数多あれど、このユニークさは堅持していきたいと思ってます。


Blog

白山夜の本棚@ブクログ