第30回 フィッツジェラルド「グレート・ギャツビー」

この日はメンバーの選書&進行でした。

フィッツジェラルドが大大大好きというIさん。


特に「グレート・ギャツビー」の文章の美しさを一度みんなに知ってもらいたいと、

英文を書き写したり、声に出して読んだり、翻訳と比べたりしながら、

一語一語、一文一文を丁寧に味わっていきました。

小説のあらすじや、フィッツジェラルドについて、

その当時のアメリカの時代背景について、海外の小説を読むことの楽しさについて...

などなど話が膨らみました。


高校生の頃の英語の授業のようで懐かしくもあり、

でも大人になった今だからこそ文学の奥深さも感じられて、新鮮かつ刺激的なひとときでした。


こんなふうに、メンバーの持ち込み企画も大歓迎の白山夜です。

選書や進行のご相談にのりますので、チャレンジしてみませんか?^^

Blog

白山夜の本棚@ブクログ