第31回 村上春樹「沈黙」

出版関係のお仕事をされている女性が初参加。

「読書会に参加してみたかったけど、ビジネス書を読むのは何も意見が言えない感じがしていや。

朝早いのもダメ。

小説が読めて近所で気軽に行けるところを探していて、白山夜を見つけた」

とのこと。ありがとうございます!


学生ぐらいまでは小説をよく読んでいたけど、

働きだしたら仕事に関係のある本ばかり手にとってしまっていた。

小説の優先順位が低い時期が続いていたけれど、でも最近また小説を読みたい気持ちになって…ということもおっしゃってて、とても共感!


この日読んだのは、村上春樹の「沈黙」


実は初期にも一度読んだこの作品。

今のメンバーと読んだらどんな感想が聞かれるのかな?と思い、選んでみました。

村上春樹というだけでアレルギー!という方や、

こんなに世界的にも有名な作家なのに全然響かないわたしは変?

という方もいて、むしろありがたかったです。

全員ハルキストという会に行くのも楽しそうだけど、

批判的な意見もちゃんとあることが白山夜の良さかなぁとおもっています。


村上春樹の話題になるときいつも思うのですが、

こんなに有名で、ほとんどの人が一度は読もうとしていて、

読んでみたらこんなに好き嫌いの分かれる作家も珍しいです。


皆さんからは、一人称の独白は「信頼の置けない語り手」といえるんじゃないか?

これは思い込みが激しい人から見た世界であって、実際ここまでではないのでは?

というところから、主人公が嫌だという意見が半分。

決めつけすぎ、自分から人を遠ざけすぎ、人を上から見すぎ、病んでる…なども。

前回読んだときは、主人公に同情的な人が多かったので、意外でした。


敵対する男子とのエピソード全体に関しても、なぜそういう状況になったのかよくわからない、主人公にも原因があるのでは?という雰囲気だったのですが、悪意を持って人を貶めようと常に画策する人間の怖さや、それに乗っかって無自覚に人を追いやったり傷つけたりする浅はかな人間は確実に存在するよ!という意見もけっこう生々しいエピソード付きで出ました。


表面上はいい人に見えるよう巧妙に計算しているだけ。

裏の顔を自分だけが知っているというときの違和感、嫌悪感、孤立感などを、

この作品はうまく描いているように思います。


全集にしか入っていないのですが、

村上春樹の作品の中では比較的異色な部類に入ると思うので

機会があればぜひ読んでみてください!



次回は8月12日(水)です。読書会が初めての方もぜひどうぞ。ご参加お待ちしております~

お申し込みはこちら

Blog

白山夜の本棚@ブクログ