第42回 姫野カオルコ「高柳さん」

前回の「冬の一等星」と"子どもの頃の記憶"の部分で繋がるかな?と思い、選んだのがこちら。

 

姫野カオルコ「高柳さん」(「ちがうもん」より)

 

自分自身の生い立ちや、

どのような家族の元で暮らしてきたかによって、

同じ本を読んでいるのにこうも違う捉え方になるのか!と正直驚きました。

 

白山夜で紹介する本はだいたいそういうものを選んでいますが、

きょうはとりわけ差が出たように思います。

 

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!

 

 

Blog

白山夜の本棚@ブクログ